トリスの部屋(2) 【9話放送半日前のダイヤ推しと花丸推しの遺書】 椿さんとの雑談 後編

はい、こんにちはトリスです
私(トリス)が他のラブライバーの方とラブライブ!サンシャイン!!のなんらかのテーマについて実際に話し合いそれを記事にまとめるという企画……題して『トリスの部屋』の第一回の後半です
お相手はダイヤ推しの椿さんです

 

 

【前回のトリスの部屋】

ダイヤ推し椿さんと談笑する花丸推しトリス

お互いの自己紹介も済んだところで二期の雑談などを始めることにしました 

 

 


【※ここからは実際の会話をほぼそのまま記載しています】

【※途中で出てくる★★マークの言葉はあらかじめ用意してきた言葉です】
【※これは#9放送前に録音したものです】

【※この文字色は#9放送後のトリスの目線でツッコミを入れた言葉です】
 
2017/12/02 昼頃   (#9放送当日)
秋葉原のとある店にて

 

 

①ルビィと理亞の何が同じで何が違うのか

 

椿:それはね…あ、メモ取り出すから、ちょっと一人で適当に喋っててください

 

――丸投げですね(笑)

 

f:id:pleaselllast:20171206231830j:plain

 

――ルビィと理亞って初登場時から言われてますけど、2Pカラー的なデザインになってるじゃないですか

でもデザイン的な点で言えば、まず目が違う

 

椿:目ってのはラブライブでの心のかたちみたいなものですね

 

――そう。弱気なルビィと強情な理亞、でも二人とも同じように人と話すのが苦手みたいな設定が多分あって…

 

椿:同時にAqoursSaint Snowの何が違うかも話します?

 

――そうですね

八話でSaint Snowの予選敗退があったけど、それは六話のAqoursとかにもありえたことで

 

椿:実際失敗とか予選敗退なら一期でもありましたしね

 

――じゃ、何が違うのか

僕は『ラブライブ!に対する想いの差』って答えはあり得ないのかなと思っていて……ただ単純にルビィの方が理亞よりラブライブ!に真剣だったとは思えない。

言われてる通りAqoursSaint Snowはアプローチが違っただけ』みたいな

 

椿:主人公グループ補正とかで解決してるわけではないですしね

八話の差し入れありましたし

 

――あれはきっとSaint Snowにも応援してくれてる人が居ると思うんですよね

つまり、μ’sとA‐RISEの差はAqoursSaint Snowには無かったと思います

なら、どこか?

 

椿:まぁ、……仲間

姉妹以外の仲間……自分の気持ちに素直になってって言ってくれる相手が、国木田花丸の存在がデカかったんじゃないかな

 

 ★トリス★

ルビィにとっての仲間、善子と花丸の存在

 

――かぶりましたね

 

f:id:pleaselllast:20171206235202j:plain

 

椿:Saint SnowAqoursの何が違ったのかと言うと、今回に関して言えばステージを楽しめてなかった、集中できていなかったこと
スクールアイドルとして一番の輝きは楽しむこと、なので


――理亞が楽しめてない時点で一つの障害はあったかな、と思います

 

椿:聖良と理亞の表情の対比もありましたし


――たぶんこれと同じ心情でAqoursがパフォーマンスしたことが一度だけありますね

 

椿:TOKYO……か

 

――そう、あの時の千歌もきっと集中出来ていませんでした
そういう意味でもTOKYOとHAKODATEが対になってるかもしれませんね

 

f:id:pleaselllast:20171206232227p:plain

 

――たしかに楽しめてなかったけど
なんで楽しめてなかったのかって疑問があります

 

椿:姉との最後の大会だし…って思っちゃったことですかね

 

――そう、それは僕も思っていて
でもそれで考えるとルビィもそうだから差が生まれないんですよね

 

椿:ルビィにとっても姉との最後の大会ですもんね

 

――そしてさっき仲間の存在を挙げましたが、ルビィが来年以降もよしまると一緒にスクールアイドル出来るからって楽観視から緊張しなかった…って線は絶対にないです

 

椿:そりゃそうですね

それなら八話の涙なんの意味もなくなるし
……んー、七話でルビィが絶対優勝したい!って言ってたところがありましたよね

 

~~【中略】~~

七話でルビィが言った『最後のラブライブ!』と千歌の言った『最後のライブ』の違いについて話しました

 

――劇場版では穂乃果がラブライブ!のその先のライブを作りましたけど、そういう意味では八話はルビィ自身がラブライブ!というか…一種の場所になり始めてる

 

椿:ラブライブ!ってよりもSUNNY DAY SONGですかね

 

――うーん難しいですね

 

椿:違いかぁ…

 

――さっき書いてた答えが実はもう一個あって

 

 ★トリス★

理亞と違ってルビィはスクールアイドルに関して姉と離れていた時間がある

その存在が逆にルビィにとって自身で決断する強さを与えた

 

椿:『勇気はどこに?君の胸に!』の歌詞みたいだね

一人で成長できたのがルビィでそれが出来てないのが理亞かな
精神的にルビィが少し先に居る、みたいな

 

f:id:pleaselllast:20171206235243j:plain

 

~~【中略】~~

もしAqoursが失敗してたら?に関して話しました

結論としては二年生がいるからまた話が変わるといったところ

 

――でも一期12話で勝って同じ景色を見るしかない、って言ってたんですけど
Saint Snowのモチベーションのひとつは多分「見ること」
でもAqoursはMIRACLE WAVE「見せること」なのかなって言う違いはありますね

もしかしたら九話で理亞は何かを「見せる」のかもしれませんが

 

(ここで二人でSelf Controlの歌詞見直す)

 

――やっぱきついですね…今見ると…

 

椿:一期であんだけSelf Controlって言ってたのにSelf Control出来てなかったって言う

 

――あー、一個聞いて腑に落ちたんですが、今はもうステージ上で踊れないグループの覚悟の歌が『ダンスなう』だったのもきついですよね

 

~~【中略】~~

 

――分かりました
あの時に理亞の横に仲間が居れば「ふんば理亞」って言えてたんですね

 

椿:TOKYOのふんばルビィと同じってことですか

 

――あの時も花丸が居なければルビィ失敗していたと思いますし

 

椿:ルビ理亞を考える時に、花丸の存在でかいですね

 

――…………

 

椿:…………

 

――今日(9話)…………ヤバいのでは?

   ※ヤバかった

 

椿:君、ワンチャン号泣すると思う……

   ※しました

 

――八話でルビィが相談するのは花丸と善子だと思いますけど、それやられると僕が地面に這いつくばるんですよねぇ…………次に行きますか

   ※這いつくばった


椿:一個目でだいぶカロリー使った感があるね

 

 

②二期七話で梨子が弾いていた曲は何か

 

――まぁこれは選択肢いくつかあると思うんですよね
挿入歌でやった曲、『海に還るもの』、『ユメノトビラ』、新曲作ってるパターン、『空も心も晴れるから』…………

 

椿:『空も心も晴れるから』かなぁ……

でもなんかあの表情がひっかかりますよね

 

――あとあの弾いてる曲調がちょっと速いんですよね

 

(二人で実際の映像を見直す)

 

f:id:pleaselllast:20171206235031j:plain

 

椿:激しいね

 

――今あげた中だとユメノトビラはないかなって個人的には思いますね

始まりに立ち返るのは全然ありなんですけど

 

椿:扉に関してはもう開いたからね

 

――『ユメノトビラ』って意味ではそうですね、μ’sが最後に『MOMENT RING』でゼロになった(SDS⇒僕光⇒モメリンで3⇒2⇒1⇒0のカウントダウンになっていた)みたいにもう一度出てくる可能性はなくもないと思いますけどね

 

椿:『KiRa-KiRa sensation!』ポジションですか?

 

――んー。そこのモチーフは紙飛行機なのかなって今の時点では思ってますね

 

椿:でもそうすると……

 

――3rdツアーのタイトルになりますね

 

椿:うーんそれは……

 

――SKY JOURNEYツアーやりますか

 

椿:一話で出して今のところやってないですもんね紙飛行機

今回は羽根だったし

 

――そうですね
紙飛行機と羽根がどういった関係かってのは……この後に話すとして
先に梨子の曲考えましょう(笑)

 

椿:最初は『空も心も晴れるから』って思ってたけど違いますかねー

 

――表情もキーですね
皆悩んでるけど、梨子だけ夢中で弾いてますね

 

椿:皆スクールアイドルをやる前から好きなことやってます

そして花丸の黒板に書かれた目指せラブライブ優勝!の文字

 

f:id:pleaselllast:20171206232932j:plain

 

周りの期待もあっての葛藤っぽいですね
ちょっと劇場版的かも

 

 

――あとは一期八話に近いですね

 

 

f:id:pleaselllast:20171206232958p:plain

 

――果南のノートに書かれてるのはもしかしてHPTのラスサビですかね?

 

椿:あーなるほど
「しゃがんでソロ 右足を立てる 左足を立てる」
確かにそれっぽいかもしれない

 

――まぁ、話を戻しましょう
そんな感じで元々好きなものだとするなら、善子が堕天使なら梨子はピアノ――『海に還るもの』ですかね?
テンポルバートなのであの弾き方も納得できますし

 

椿:この答えに三つ候補あげるとしたら入りますね


――残りふたつはなんでしょう?


椿:この表情で新曲もない気がしてきました

 

――過去挿入歌から一曲入れるなら?

 

椿:想いよひとつになれか……ダイスキだったらダイジョウブ!かなぁ

 

――答え出なさそうですね…今度会う時までの宿題にしますか
あとで西野さん(知り合いの梨子推しにも聞いておきますね

 

   ※聞いてみました

 ★西野★

決めたよHand in Hand』か『ダイスキだったらダイジョウブ!』かな、と思ったのですが、廃校阻止の目的になった際に作った曲と言うことで『夢で夜空を照らしたい』が一番しっくりきました

 

③羽根の話

 

――羽根ってなんだと思いますか?

 

~~【中略】~~

いつか考察記事で使うので秘密です ←すいません

 

 

④挿入歌シングル『MY舞☆TONIGHT/MIRACLE WAVE』の感想

 

――じゃ、一番最後の一番楽しい話しますか

MY舞☆TONIGHTとMIRACLE WAVEどうでした?

 

椿:MY舞☆TONIGHTにめっちゃ真剣だから楽しくないんですが(笑)

 

――いやぁ……『無』は無音の『無』でしたね

 

椿:何その『ミはμ‘sicのミ』みたいな言い方

 

――略称ムムム(笑)

 

椿:まぁ、『無』を奏でてるんですよね
……いっつもオタクがイエッタイガーでかき消すけど

 

――八〇沼さんに怒られる(笑)
あと歌詞の『キセキ』は『奇跡』でしたね

 

椿:そこはちょっと驚いた

二番でルビィがその『奇跡』の歌詞を歌ってくれたのが嬉しかったなぁ
てか、二番Aメロ始まった瞬間に――

 

――っっっっそれ!!!!!!
イケメン!!!!国木田花丸!!!
僕の好きな奴!!!!!!

 

椿:暴走しすぎ(笑)

あと歌詞に『頑張る』って入ってたのも良かったですね

 

――最近頑張ルビィで泣けてきません?

 

椿:わかる。尊い

 

――リアクションがオタク(笑)
最初は頑張ルビィってなんなんだぐらいにしか思ってなかったんですけど、アニメの中で小さい身体で誰よりひたむきに頑張って努力してる姿を見ると……
きっと千歌と同じようにスペック自体は多分普通なんですよね

裁縫とかも趣味というか努力の結果身に付いたスキルだと思いますし

 

f:id:pleaselllast:20171206234819j:plain


――でも千歌と違って目指す存在との差は永遠に埋まらない二年間という時間の壁

廃校阻止してもラブライブ優勝しても、どんな未来になってもダイヤとルビィが同じ学校で来年過ごすことはないんですよね


椿:『頑張るチカラが奇跡を呼んでる』って歌詞めっちゃ好き

 

――あと『羽みたいに手を伸ばして』の後のドゥドゥパァンッ!!ってとこがめっちゃ好きです

 

椿:それでわかっちゃうのが……(笑)

 

――あと僕はやっぱりラスサビのバスドラムですね
あそこはもう一瞬で楽曲派の顔つきになりました

 

椿:僕もなりました
あとCメロの三年生の歌詞がね、三年生に最後までって歌わせるのもね…

 

――そう。『道がまた開けたよ』って歌詞を聞いて…
まぁこれは妄想なんですけどやっぱこのソロの歌詞はそれぞれが考えたって思いたいじゃないですか

 

椿:うんそうだね

 

――六人は『夢で夜空を照らしたい』で『明日への道が今ひらけたよ』って歌ってて。まぁこの歌詞のきっかけになったのが6話の海開きだったのも面白いですよね 特に『開く』って動詞はそれこそ扉に対応しますし…

 

 

f:id:pleaselllast:20171206234733p:plain

 

――話が逸れました
だから『夢で夜空を照らしたい』で千歌たちは東京に行きましたけど、三年生も二年前に東京のイベントに呼ばれるきっかけになった旧Aqoursの曲にも同じ歌詞が使っていたかもしれない
そう考えると果南のこの『また開けたよ』って歌詞は、大きな意味を持つと思うんですよね

 

椿:道が『合わさる』ってことか

 

――そう、それこそ青空Jumping Heartの気持ちが走りだすのは『Shining Road』だったのも繋がるかもしれませんね

 

椿:それを思うと花丸のいつか広がるだろう、ほら大きく広がれって歌詞もルビィの想いのことなのかなって
MY舞は花丸を挟んだ黒澤姉妹のWセンターだしね

 

――「#4ふたりのキモチ」で花丸が「世界の隅々まで照らす」って評した輝きが広がってるんですね

 

椿:サンシャイン!!ってタイトルの作品でその評価もなかなかヤバいですよね

 

――でも、もう隅々まで照らし始めてるのが八話なんで、ちょっとこの後九話でルビィの成長これ以上来られると涙腺も厳しいんじゃないですかね

   ※厳しいよ

 

椿:いや~……でも僕も泣くかも

   ※泣くよ

 

――椿さんは毎回泣いてるじゃないですか(笑)

   ※笑ってるけどお前も泣くよ 

 

 

f:id:pleaselllast:20171206234703j:plain

 

椿:でもやっぱりMY舞は歌詞考察し甲斐あるよ

 

――単語に繋がり多いですよね
あと、この歌詞になってないですけど最後の終わり方も良いですよね

 

椿:……わかる(超小声)

 

――えっ?(笑)

 

椿:…………わかる(超小声)

 

――そのオタク特有のウィスパーボイスやめてください(笑)

 

椿:いや~あれは絶対ライブの時にステージ見れないんですよねぇ~……

 

――開幕も無理なんじゃないですか

 

椿:うわ~~
マジで連番者誰か、跪く俺の頭掴んで固定してくれ~

 

~~【中略】~~

このあと椿さんの生産性皆無な泣き言(約五分間)はカットさせていただきます

 

――MIRACLE WAVEの話しましょうか

 

椿:やっぱ二番のサビ前は間奏作らずそのまま行きましたね

 

――さすがにサビ毎にロンバクしてたらヤバいですもんね(笑)

 

椿:でも、普通に二番後の間奏でなんかヤバいダンスしてる感MAXなの笑うよ

 

――これも(椿さんが)跪くんじゃないですかね

 

椿:あり得る(笑)
でもこれライブの時続けてやるのかな

 

――各衣装でやるんで休憩挟むんじゃないですか?
君ここはMY舞から続けてやると思いますけど

 

椿:なるほどね

三話の走ってるアニメ映像流してる間にMY舞衣装の上脱いで水色のシャツ着てくるのかな?

 

――それが一番あり得そうですよね

 

椿:開幕ミラ僕は決まりで
そこから…

 

――まぁ恋アクとHPTは序盤で切るんじゃないですか?

 

椿:μ’sの4thライブ序盤の「は?わけわかんねぇ」ってとこみたいなセトリしてきそう

 

――青空Jumping Heartは本編のラストのちょっと前ぐらいですかね

 

椿:あ、やりそう

 

――あ、MIRACLE WAVEの話全然してなかったですね(笑)

『あたらしい光つかめるんだろうか』って歌詞好きです

 

椿:CDの帯にもなってたね

 

――そうそう
危うくアニメイトの店内で泣き出す不審者になるところでしたよ

 

椿:それはさすがに(笑)

 

――ライブの度に泣きながら床舐めてる椿さんも大概ですけど

 

椿:舐めてはない(笑)

 

――あとこの『みんな一緒どこまでも』が怖いですね

 

 

椿:怖い?

 

――『青空Jumping Heart』も『未来の僕らは知ってるよ』にもサビ前の歌詞に『一緒に』があって
だからこそいつか皆が別の道を歩むフラグなんじゃないかなって

 

f:id:pleaselllast:20171206234511j:plain


――そして、この歌詞と真逆のことを歌ってるのが想いよひとつになれ
だからいつか別れが来た時に1stぶりであの曲を披露して欲しいですね

 

椿:なるほどね
あといつかりきゃこに『想いよひとつになれ』の衣装着て欲しいわ

 

――わかります
大サビのとこだけマイクつけて歌いながら弾いてもらっても良いですね

 

f:id:pleaselllast:20171206234429j:plain


あとメインステージでりきゃこピアノ弾いてもらって、センターステージで八人で歌うのも見たいです
向かい合ってラストポーズ!みたいなのも熱いし

 

椿:1stの時は歌ってたけどマイクオフにしてましたね

いや~二年生の話はきついなぁ

 

――まぁ十話以降は二年生上映会だし、そっち中心なんじゃないですか?

西野さん(知り合いの梨子推し)とか号泣しそうですね(笑)

 

 

椿:ってその前に今日九話だから

 

 

 

――うわぁああああああああああ!!!!

椿:うわぁああああああああああ!!!!

 

 

 

⑤そしてこの後に二人は死んだ

 

この十一時間後にどう死んだかは九話の記事を参照してください

 

 

 

ここまで読んでくれた皆さんと、無駄話につきあってくれた椿さんありがとうございました!

 

次回はのトリスの部屋は未定ですが、もう少し頭のいい会話がしたいです

ではまた次回! (ルールル ルルル…